アカデミー

Academy

TOPアカデミー

アカデミーについて

アカデミーについて

 

ジュニア庄内、村山(10歳)からユース(18歳)までの「一貫指導体制の確立」が昨年で出来上がりました。
先年末には庄内ジュニアが県予選を勝ち抜き全国大会に参加し貴重な経験をする事ができました。
今年度アカデミーでは「粘り」「シンプル」「ファミリー」「チャレンジ」のキーワードを掲げ、選手の指導育成及びトップ昇格を目指してグループ全体で取り組んでいきます。
その為には「指導者の資質向上」が必須条件であると考え「各年代別指導概要」などをより詳細に、より具体的に選手への落とし込みを行い指導育成していきます。
モンテディオ山形アカデミーは「山形らしい選手」の育成に主眼を置き、サッカー文化の発展への貢献と山形発で日本、そして世界で活躍する選手・指導者の育成に情熱を持って取り組んでいきます。

アカデミーは育成方針

  • 選手の成長を第一に考え中期・長期的視点に立ち選手育成を目指す。
  • 選手自身が「考える」習慣を身につける事により「自身の力」で問題解決出来る様に育成する。
  • スポーツマンシップを尊び周りの人々に愛される選手育成に努める。
  • 常に100パーセントの集中力で練習・試合に取り組む姿勢を身につけ挑戦する事の大切さを「学ぶ姿勢」を指導する。
  • 最後まで決して「諦めない」心の強い選手を育成する。

指導者の自己研鑽

指導者は常に進歩するサッカー観・指導技術を学んでいかなければなりません。
「指導者ガイドライン」をベースに様々な情報の共有や指導方法の内部研修を充実させていきます。またクラブ外の指導者との交流も進め地域全体がスキルアップするように努力していきます。

普及活動の充実

サッカースクール、ふれあいフィールド、各種イベントへの指導者派遣などで県内の多くの方と触れ合うことができました。今シーズンも、より多くの方と触れ合うことができるように活動を展開していきます。そして、「さらなるサッカーの普及」、「モンテディオ山形を身近に感じてもらえる活動」を目指します。